お風呂の掃除方法

お風呂の掃除方法

毎日使うお風呂。しかも水回りということで汚れがいたるところにあります。そのまま放置しておくと除去するのが大変な作業になるものもあります。ということで、ここではお風呂の掃除方法について考えてみたいと思います。

1.お風呂の黒カビの掃除方法

お風呂の黒カビは一度タイルの目地やゴムの部分に繁殖してしまうと、なかなか除去できない本当に厄介なカビです。黒カビの菌糸が材質の奥に入り込みます。そうなるとカビ取り剤をかけてきれいになったようにみえても、同じ場所からまた繁殖してくることもあります。この厄介な黒カビを防ぐには浴室を乾燥させる事がとても大事です。もし夏だったら一日中乾燥させていてもいいくらいです。ただし、窓を開けて乾燥させる場合は、外気からカビの菌が入ってくるということに注意してください。もし黒カビが繁殖してしまったらカビ取り剤で根気強く除去するようにしましょう。カビ取り剤を使用するときは必ず換気することを心掛けましょう。そのままお風呂に入ると吐き気やめまいに襲われることがあります。カビ取り剤を塗ったらすぐに流すのではなく30分程度待ってから流しましょう。すぐに流すとしっかりカビが除去できないので待つことはわすれないようにしましょう。そのあと、スポンジでこすり流して終わりです。

2、お風呂の水垢除去掃除

水垢はとても厄介でそのままにしておくと灰色っぽくなり、こびりつきます。こうなってしまうとなかなか落とせなくなります。そのため、これを防ぐにはこまめに掃除することが大事です。二日に一回の頻度でバスマジックリンを吹きかけてスポンジでこすり洗います。黒ずんでしまった場合、次の方法をオススメします。まず、お好み焼き用のヘラかスクレイパーを用意します。そして、くろずみの部分にバスマジックリンを吹きかけて一定時間待ってから、先ほどの道具でこすります。すると、とても落ちます。

3,お風呂のピンクの汚れ

お風呂の掃除をしているときに、よく見かけるピンクの汚れがあると思います。それは、カビではなく実は細菌です。その細菌はお風呂掃除をさぼってしまうとすぐに繁殖してしまうので、こまめに掃除をすることが大切です。このピンクの汚れはなぜ繁殖してしまうのでしょうか。それはお風呂に細菌の餌となる汚れが残っているのが原因だからです。ではどうすればいいのでしょうか。対策方法は簡単です。それは、バスマジックリンを使ってゴシゴシするだけというものです。さぼるとすぐに繁殖してきてしまうので、こまめに二日に一回ほどの頻度でやることをオススメします。