ハウスクリーニング掃除資格の徹底比較!

ハウスクリーニング掃除資格の徹底比較!

「掃除をしても汚れが落ちない・・・」「エアコンや洗濯機も奇麗にしたいけど素人では不安・・・」そんな悩みを抱いたこと、ありませんか?長年蓄積した汚れや電化製品の掃除に関して悩む人が増えている中、こうしたお掃除のプロフェッショナルとして活躍できる仕事が今、急増中です。掃除のエキスパートとして快適な生活を提供するハウスクリーニングの資格をご紹介します。

① ハウスクリーニングアドバイザー

ハウスクリーニングアドバイザーとは、依頼者の要望に合わせて適切な掃除を施すことができる掃除のプロフェッショナルとして認められた者に与えられる資格です。
依頼者の事情は人それぞれ。汚れが蓄積してきた時間も、生活環境も、掃除にかけられるお金も様々です。そうした色々な条件に合わせ、最適な掃除のプランを提案し、実行に移すことで依頼者の快適で清潔なライフスタイルをお約束する仕事です。プロとしての視点・判断力を養い、適切な道具使用、アフターサービスとしてのアドバイスなどが求められます。
資格取得後は自宅やカルチャースクールにて講師活動ができるほか、不動産やハウスメーカーでも役に立つ資格です。

② クリーニングインストラクター

クリーニングインストラクターとは、日本インストラクター協会が認定している掃除のプロフェッショナルとしての資格です。この資格を持っていれば、「掃除に関する深い理解と知識を有していること」「その知識を用いて状況に応じた適切な掃除を施せること」を満たした人物であることを証明することができます。
最近の住環境は定期的なメンテナンスを必要とするものが増えています。エアコン、キッチンのレンジフード、風呂場の換気扇、洗濯機など例を挙げればたくさんあります。このような背景の中で、これらの掃除を専門とするお仕事の需要が伸びています。資格取得後は、ハウスクリーニング専門店や建物メンテナンス管理会社などで働くことができるでしょう。

③ 掃除検定

掃除検定は、日本掃除能力検定協会が認定する資格です。掃除をしっかりとした知識の上で理解し、実践していく力が問われます。
掃除は現代に生きる人間にとってとても身近なテーマであり、一生ついてまわる問題でもあります。そのため、この検定を受ける人に年齢は関係ありません。6歳から100歳まで、実に幅広い年代の方が挑戦する検定です。掃除を通して、よりよい生活を見つめることにつながっていくのです。
この検定は5級から1級まで分けられており、級によって掃除の対象が変わります。自分の生活に役立てたい人から、掃除を仕事としたい人まで広くカバーできる内容となっているのが特徴です。

④ ハウスクリーニング士

ハウスクリーニング士とは、日本ハウスクリーニング協会が認定している資格です。この資格の特徴は、コースが分けられている点です。独立開業コース、プロフェッショナルコース、専門コースと、それぞれが重視したい事柄に特化して学習を進め、適した能力を身につけることができるカリキュラムになっています。
また、この協会の会員になることで、定期開催される講習会に参加したり、全国の同志と交流を持つこともできます。

⑤ ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士は、近年厚生労働省より認められた国家資格です。
国家資格というだけあり、合格の基準は厳しいものになっています。学科試験が50問、実技が7種類あり、どれか一つでも60%以下の得点をすれば不合格となってしまいます。ただ、それだけに実力は養われる資格でもあるので、しっかりと力をつけたい人には向いているといえるでしょう。