ハウスクリーニングとは一般家庭のお掃除とどう違うのか?

ハウスクリーニングとは一般家庭のお掃除とどう違うのか?

ハウスクリーニングとは一体なにか?
プロによるお掃除ということは理解していると思いますが、具体的に一般家庭のお掃除とどう違うのかを具体的に紹介いたします。

そもそもハウスクリーニングとは何か?

ハウスクリーニングとは専門的な技術を持った、お掃除の職人が行うお掃除の事です。

たとえばお風呂の石鹸カスが固まったウロコ汚れやトイレの尿石などを落とすには、一般家庭の道具では限界があります。これには専用の洗剤や道具が必要になります。

またお風呂の浴槽の下の部分(エプロン)や洗濯機の下の防水パン、お風呂やキッチンの排水口の奥などは一般家庭ではなかなかお掃除を行うことはないと思います。

こういった箇所を徹底的にお掃除するのがハウスクリーニングの業者の仕事です。

ハウスクリーニングとは細心の注意を払っている

ハウスクリーニングの業者が行うお掃除とは、ただ汚れが落とすだけではありません。お掃除する場所の材質や汚れ具合によって、洗剤や道具を使い分ける必要があります。

その上で落とせる汚れはしっかりと落とすのがハウスクリーニングです。

たとえばガラスやタイル、ステンレスといった材質には塩素系洗剤は使用できますが、白木や畳、カーペットなどには使用できません。金属製のたわしや、研磨剤の付いたナイロンのたわしなども、場所によっては傷をつける場合があります。

ハウスクリーニングの業者はこのようなことにも細心の注意を払って作業を行います。

ハウスクリーニングの業者にお願いするべき場所とは?

1、エアコン洗浄

エアコンのセルフクリーニングを行うためのスプレーなども販売されていますが、これらは見える部分の汚れを取ることはできますが、奥のほうの汚れを取ることは不可能です。

そのうえ多くの商品は水を使用する事を前提にしていません。そのため、カビやほこりなどがスプレーの内容物と混ざってドレン管などに詰まってしまうことがあります。こうなるとエアコンの水漏れの原因となります。

プロが行うエアコン洗浄は、高圧洗浄機を使用して大量の水をかけながら作業を行います。すすぎの際にも、汚水が出て来なくなるまで徹底的にすすぎを行いますので、エアコン内部に余計な物質を残すことも、ドレン管を詰まらせてしまうこともありません。

2、レンジフードとコンロ

レンジフードやコンロは家の中で最もお掃除が大変な場所です。油やほこりでベトベトに汚れているレンジフードやコンロのお掃除は時間も手間もかかる作業です。

これをハウスクリーニングの業者は外せる部分はすべて外して、強力な洗剤とお湯で作った洗浄液で漬け置きして、専門的な道具やテクニックを駆使して効率的に落としていきます。

塗装や配線といった部分にも細心の注意を払いながら作業していきます。

3、トイレの尿石落とし

長年使用しているトイレにはどうしても‘‘尿石‘‘といった黄ばみ汚れが付着していきます。これは人間の尿に含まれるカルシウム成分が蓄積したもので、見た目の汚さだけではなく悪臭の原因にもなります。これを一般家庭の道具で落としていくのは至難の業です。

この尿石をハウスクリーニングの業者は、専用の洗剤と道具を使って落としていきます。