ハウスクリーニングの仕事に向いてる方とは?

ハウスクリーニングの仕事に向いてる方とは?

ハウスクリーニングの仕事を経験してみたいと考えている方のために、この記事ではハウスクリーニングに向いている方はどのような方かを詳しく説明します。

ハウスクリーニングの仕事は二通りある

ハウスクリーニングの仕事といっても、その方法は二通りあります。それぞれに向いている方のタイプが違います。

1、ハウスクリーニングの会社に就職する。

ハウスクリーンニングの仕事を初めて経験する場合は、パートやアルバイトでも結構ですので、どこかハウスクリーニングの会社に就職するといいでしょう。この場合二人一組になって現場を回ることが多いです。大きな現場の時には大勢の先輩と一緒に作業しながら、仕事を覚えていきます。

このためハウスクリーニングの会社に就職するのに向いている方は、協調性があって「報・連・相」がきちんとできる方です。

一度覚えた技術はどこのハウスクリーニング業者に就職しても通用しますので、手に職をつけたいと考えている方には最適です。ハウスクリーニングの業者は時給ではなく日給で計算するところが多いのも特徴です。

2、自分でハウスクリーニングの会社を開業する。

上記の修業時代を経て、自信がついてきたら自分でハウスクリーニングの会社を開業するのもいいでしょう。自分でハウスクリーニングの会社を開業した場合には、建設会社や不動産業者に自分で営業をかける必要があります。

こちらの場合は基本的にハウスクリーニングの相場の価格で仕事を請け負うことになります。どの仕事でも同じですが、一度請け負った仕事は何があっても工期を厳守しなくてはいけません。もし、工期が遅れるようなことがあれば、先方に迷惑がかかるだけではなく、自分の会社の信用もなくなってしまいます。

このため独立開業してのハウスクリーニングに向いている方は、責任感のある方になります。

ハウスクリーニングは女性が活躍できる仕事

ハウスクリーニングの仕事は女性でも活躍できる仕事の一つです。その理由は、ハウスクリーニングの依頼をしてくるのは建設業者や不動産業者が多いですが、実際の現場を見に来るお客様は女性が多いからです。このため同じ目線で現場を見ることができる女性が活躍できる仕事でもあります。

また、キッチンや浴室などの細かい部分の作業は女性に向いています。反対に男性に向いている作業は、エアコンなどの高所作業や、ポリッシャーなど大きな機材を使用する場合です。重たい荷物を運んだり、力のいる作業なども男性に向いています。

ハウスクリーニングに向いている人は自分で判断できる方

ハウスクリーニングの現場では、誰かに指示されなければ動けないタイプの方より、自分で考えて行動することのできる方に向いています。その理由はたとえ何人かで一緒に現場に入っても、キッチンやお風呂場などそれぞれに任された場所では一人で作業することが多いからです。

基本的にはどうしてもできない事やわからないことがあった時にだけ、誰かに頼んだり質問をします。

また自分の持ち場の作業が早く終わった時には、ほかの方の作業を手伝うなどの協調性がない方には、ハウスクリーニングの仕事は向きません。ただし、自分で開業して作業をする場合にはこの限りではありません。