ハウスクリーニングの業者はどのような服装か?

ハウスクリーニングの業者はどのような服装か?

会社員やスーパー、ファーストフードなど、職業によって服装というのは大体決まっているものです。ハウスクリーニングの業者の服装とはどのようなものなのか、この記事で具体的にご紹介します。

ハウスクリーニングの業者の服装について

ハウスクリーニング業者の業務とは、清潔かつ快適な住環境を提供するサービスです。お客様が安心して業務を任せられる心遣いや身だしなみも重要な要素となります。

会社の制服というのはその会社のイメージを決定する大切なものですので、お客様に信用していただけるように細心の注意を払って常に清潔感を大切にしておきたいものです。

その上で動きやすく、かつお手入れをしやすいユニフォームを選ぶことも大切なポイントとなります。

公益社団法人全国ハウスクリーニング協会が推奨する、ハウスクリーニングを行う際に適した服装は下記のとおりです。

1、頭髪は常に清潔に保ちましょう。染髪は落ち着いた色にしましょう。

2、メイクは自然で落ち着いた印象に仕上げましょう。コロンや香水などは控えめにしましょう。

3、アクセサリーや時計は変色や事故の原因になりますので、作業中は外しておきましょう。

4、シャツは出来るだけズボンの中に入れ、下着がすけないように配慮しましょう。

5、ベルトを着用しましょう。

6、エプロンは動きやすいものを着用しましょう。

7、爪は作業中折れたりしやすいので、短く切っておきましょう。

8、ズボンのすそが長いときはきちんと縫っておきましょう。

9、靴は滑りにくくて着脱しやすいものを選びましょう。

ハウスクリーニングの実際の服装とは

上記は公益社団法人全国ハウスクリーニング協会が推奨する、ハウスクリーニングの服装についてですが、実際のハウスクリーニングの現場ではどのような服装が多いかを紹介します。

大手のハウスクリーニング業者の場合は、ユニフォームがあるところが多いです。その場合は下記のような服装が多いです。

1、青やグレーの作業着の上着

ハウスクリーニングの仕事は汚れることも多い仕事ですので、汚れの目立たない青やグレーの作業着を採用しているところが多いです。

2、ポロシャツ

ハウスクリーニングのユニフォームに多いインナーはポロシャツです。これは清潔感のある白やピンク、ブルーなどが多いです。

3、ズボン

男性は上着と同色のズボン、女性はベージュのズボンが多いです。

上記のほかにエプロンや帽子、三角巾などを採用している所も多いです。

※現場によっては上記の他に手袋やマスク、ヘルメットなどを着用することもあります。

ハウスクリーニングの業者は服装自由なところが多い

ハウスクリーニングの業者の中には、在宅の定期清掃などを行っているところなどは服装を厳しく制限しているところもありますが、その会社独自のユニフォームなどを採用しているところも多いので、服装を自由としているところが多いです。

女性に多いマニキュアや香水、ピアスなどは極端に派手なものでなければ比較的自由なところが多いです。

髪色や髪形も極端に派手なものでなければ、特に問題はありません。したがってバンドマンやモデルさんなどのおしゃれに敏感な方にも、最適な職業といえます。ハウスクリーニングの現場には、バンドマンやアーティストの方が多いのも事実です。