ハウスクリーニングでバスルームをピカピカに

ハウスクリーニングでバスルームをピカピカに

バスルームは常にじめじめしている場所です。換気に注意していてもカビが繁殖してしまい、黒カビに悩んでいる人は多くいます。

なかなか落とせないカビや汚れは、自分で清掃するのを断念して、ハウスクリーニングに任せてみましょう。

バスルームの汚れの原因を探る

個人ではなかなか落とせない汚れは、ハウスクリーニングが効果的ですが、バスルームの汚れが何なのか原因を突き止めます。

俗に、水垢と言われる汚れは、水道水に含まれているケイ素がザラザラした汚れになってしまっている状態です。

湯垢とは、皮脂や石鹸カスやホコリがくっついてヌルヌルした汚れになってしまった状態です。

白っぽくてざらざらした汚れを金属石けんと言います。主に、鏡や浴槽のフチや壁などにできる汚れで、皮脂や石けんのカスが、水道水に含まれている金属の成分と反応してできる汚れです。

シャンプーやリンスのボトルの底や排水口など湿気や汚れがたまりやすい場所に発生するのが、ピンクのぬめりです。ピンクのヌメリは、酵母菌が繁殖してできたものです。

黒カビは、特に湿気を好む為に、浴室に発生しやすいです。特にタイルの目地や防水用のコーキング部分にできやすいです。

黒カビは表面の汚れが取れたとしても、胞子まで取る事が出来ないので、残っている胞子が、またカビを発生させます。

カミソリやヘアピンなどは、錆びやすいので、浴室に放置するともらい錆の原因になってしまいます。水道水に含まれる鉄分も貰いさび原因になる事があります。

バスルームは汚れだけでなく嫌な臭いがする時があります。バスルームの臭いの原因も、排水口のぬめりやエプロン内部のカビや床のぬめりが原因の可能性が大きいです。

ハウスクリーニングでは、こうした臭いの原因も徹底的になくしていきます。

汚れを放置していると、だんだん硬くなってしまうので、家庭用の浴室洗剤では落ちにくくなります。

快適なバスルームにする為の清掃の方法

ハウスクリーニングは、素人では見落としがちな汚れまで、隅から隅まで落としてくれます。エプロン内部のお掃除などもハウスクリーニングなら安心して任せられます。

ハウスクリーニングでは、洗面器や椅子などバスルームに置いてある小物まで綺麗にしてくれます。

まず、清掃を始める前に、バスルーム入り口を養生します。壁や天井や排水口等を素早くかつ見落としがないようにしっかり洗浄するために、汚れの種類や状態をしっかり把握します。

汚れの状態の確認をしてから、浴槽や壁や床のそれぞれの材質と汚れの状態に合わせた最適な洗剤と道具を使用して磨いていきます。

意外に、汚れているのがドアやシャワーヘッドや照明器具などです。シャワーヘッドや照明等は、取り外し可能なものなので、外して洗えるものは外して綺麗にします。

排水口も分解して、きちんと奥までしっかりクリーニングして行きます。全体の水分を拭き上げ、最後に、鏡や小物類を磨き上げます。それほど汚れていないと思っていても、クリーニング後の浴室は見違えるほど明るくて清潔感たっぷり。バスタイムがより楽しく快適になります。

排水溝付近がヌルヌルしてきたり、隅に黒カビが目立ち始めたり、乾くと白くなる部分多くなってきたら、ハウスクリーニングのバスクリーンを頼む時期と言えます。