ハウスクリーニング料金の相場 は!失敗しないポイントは?

ハウスクリーニング料金の相場	は!失敗しないポイントは?

ハウスクリーニングを頼もうとした時、気になるのは費用です。頼むのはいいけど、一体どれくらいかかるものなのでしょう。

ハウスクリーニングの料金は、部屋の間取りや、広さや汚れ度合いなどで料金が変わります。マンションか一軒家なのかによっても金額が違います。

普段の掃除で、行き届かない汚れを隅から隅まできれいにしてくれるハウスクリーニングの料金の相場を徹底的に検証します。

クリーニング箇所によって変わる料金

ハウスクリーニングでは、特殊な道具がないとできない場所などがあります。また、汚れの種類にはプロの技術のノウハウがなどが必要です。

ハウスクリーニングは、部屋全体を頼むのではなく、バスルームやトイレ、キッチンなとの水周りだけ、レンジフードやエアコンなどのポイント清掃だけをお願いする事ができます。

清掃する場所で、料金が異なってくるので、あらかじめ、ハウスクリーニング業者に料金を確認する事が大切です。追加料金などがかかる場合もあります。

エアコンだけをハウスクリーニング業者にお願いするのが増えてきています。エアコンにはお掃除機能付のものあります。

エアコンの場合、お掃除機能が付いていない場合、10,000円〜12,000円くらいが相場になります。お掃除機能付きは、少し構造が複雑な分料金も13,000円〜17,000円と少しあがります。

浴室クリーニングの相場は13,000円〜17,000円で、所要時間は1時間半〜3時間くらいですが、小物や浴槽裏のエプロン内部の掃除は有料オプションになっている業者もあります。

キッチンで特に汚れているレンジフードの相場は13,000円〜18,000円くらいで、所要時間は2時間半〜3時間くらいになります。

ハウスクリーニング業者を料金の安さだけで選んでしまうのはNG

ハウスクリーニングは様々な業者があります。どこが安くてクオリティが高いのかは見積金額だけで決める事は難しいです。

エアコンクリーニングの抗菌コートやバスルームのエプロン掃除やキッチン掃除の魚焼きグリルが、ほとんどの業者がオプションになっていて有料の所基本料金の範囲で対応OKの業者があります。

基本料の範囲でしてもらえるのが、どこまでなのか確認して把握しなければなりません。

ハウスクリーニングの業者には、CMなどをしている馴染みがある大手業者と地元の個人店があります。大手の業者は、徹底した社員教育がなされているので、接客が丁寧です。

品質も安定しているので任せて安心なところがありますが、社内のルールがきっちり決まっているので、融通がききにくいところがあります。

地元の個人店のハウスクリーニングは、スタッフが多くない分技術が高い人が多いです。しかし、身だしなみやマナーの悪い人がいる為に不快な思いをする時がありますが、技術は一流です。

ハウスクリーニング業者によって得意分野が違います。エアコンクリーニングが得意な業者や洗濯機を除菌までしてくれる業者やシックハウス症候群の対策ができる業者など特徴がそれぞれあります。

ハウスクリーニングの料金の相場を調べて見て、自分がハウスクリーニングにどこまで望むのか考えて、料金を比較してみる事が大切です。