ハウスクリーニングでカーペットを蘇らせてみましょう

ハウスクリーニングでカーペットを蘇らせてみましょう

カーペット が汚れていると、そこはダニの温床になってしまいます。1度敷いたカーペットを汚れたからと言ってすぐに敷き変えする事は難しいです。

汚れているカーペットは、ハウスダストが気になってくつろぐことができません。

ハウスクリーニングのカーペットの清掃はどのようにするのでしょうか。

カーペットが汚れていると体に良くない

現代の高気密高断熱の建物では、カーペットはダニの温床になります。ダニの発生の原因は、温度が20~30度で湿度が60~80%で人の垢や食べ残しなどエサが大量にある所がダニの住処になります。

空気中に漂っているゴミは、ダニの死骸やフン、カビや細菌、ホコリなどがありますが、
それより小さく目に見えないのがハウスダストで、ハウスダストの中にはアレルギー成分が沢山含まれています。

カーペットのホコリと一緒に舞い上がるハウスダストを一緒に吸い込んでしまうと、アレルギー性鼻炎や喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こしてしまいます

最近では、抗菌・防ダニ・防水などの高機能カーペットなどが出て来ていますが、掃除機をサッとかけるだけでは、ダニやハウスダストを取りきる事はできません。

フリーリングよりホコリの舞い上がりをふせぐことが出来るとカーペットをしく人がいます。カーペットのシミや汚れをそのままにしておくとダニなどが住み着いてしまいます。

カーペットは素足で歩いたり寝頃がったり、ゆったりする場所です。ハウスクリーニングで、アレルギーの原因になるダニやハウスダストを一掃しましょう。

カーペットの清掃の仕方は

カーペットには、ダニやホコリが溜まってしまいます。ダニの死骸や糞をそのままにしておくとアレルギーの原因になってしまいます。

ハウスクリーニングでは、見に見えないハウスダストやダニの糞や死骸やホコリをカーペットの中からすべて浮き立たせます。カーペットの汚れにあった専門洗剤と器材を利用して全て汚れを吸い取ります。

まずは、カーペットの清掃をする前に、備品の移動や周辺が汚れないように養生をします。その後に掃除機をかけます。カーペットのホコリやゴミを吸い取ります。コーヒーの跡などのシミ抜きをします。シミは専用の洗剤を利用して落としていきます。

カーペット全体に洗浄剤を散布して、汚れを浮き立たせます。使用する洗剤は、エコ洗剤と呼ばれるものを使用している業者が多く、
植物酵素で汚れを分解して、汚れを浮き立たせるので素材を傷めません。

成分が植物性油100%のものを使用しているので、肌にも自然環境にもやさしい洗浄剤を使用していて、万が一洗浄剤の成分がカーペットに残留してしまったとしても、酵素の働きで自然に水に戻るので安心です。

専用機材を利用して、繊維に入り込んだ汚れをかき出し、浮いてきた汚れを吸引します。

扇風機などでカーペットを乾燥させて、動かした家具などを元通りに戻します。

カーペットのハウスクリーニングは、敷きっぱなしで行う事ができます。

自分では落としきれない汚れやハウスダストをハウスクリーニングを利用して綺麗にしましょう。カーペットも衣類と同じように、周期的なクリーニングが必要です。

ゴロゴロしても安心な床を取り戻す事ができます。