ハウスクリーニングに向いてる人とは 向き不向きがあるのか

ハウスクリーニングに向いてる人とは 向き不向きがあるのか

ハウスクリーニングは、ただの住宅の清掃屋さんではありません。住宅のクリーニングなので、落ちにくい汚れを徹底的に落とします。

共働きやアレルギー体質の人が増えてきている現代では、ハウスクリーニングの需要も高くなっています。

ハウスクリーニングに向いている人とはどのような人なのでしょうか。

ハウスクリーニングに向いている人とは

◎仕事に一生懸命取り組める人◎

他人の住宅を一生懸命掃除をする仕事なので、まじめに仕事に取り組める人でなければ務まりません。

どんなに汚れていたとしても、「これくらいでいいや」と妥協しないで、 徹底的に汚れを落として、綺麗にして、誰が見ても納得のいく状態に仕上げなければいけません。

◎責任感のある人◎

人が見ていなくても、効率よく考えて動けるて、仕事に責任をもってやり遂げられる人でなければいけません。

◎自分の考えで行動できる人◎

ハウスクリーニングは、大抵2人1組の場合が多いです。現場に何人かで入ったとしても、それぞれに任される場所では一人で作業することが多いので、指示されなければ動けないタイプよりも、自分で考えて行動できる人に向いています。

◎協調性のある人◎

ハウスクリーニングには、チームワークが必要です。報・連・相がきちんとできる人で、自分の持ち場の作業が終わった時に、ほかの人の作業を手伝う事ができる協調性が必要です。

◎細やかな気遣いのできる人◎

ハウスクリーニングは素早く汚れを落として、家具や壁紙に傷をつけないように繊細な仕事をしなくてはいけません。仕事が丁寧で細かな部分まで気を遣うのは、女性の方が向いています。

ハウスクリーニングでは、女性スタッフも多く活躍しています。ハウスクリーニングは、体力を使う場面もいくらでもあります。そのいうしごとは、男性スタッフの方が向いています。

ハウスクリーニングは、男女どちらでも力を発揮出来る職種と言えます。

清掃は、お客様が主役です。自分が納得出来たとしても、お客様が納得しなければ、やり直しになってしまいます。

お客様に気に入られる仕事をする事は大切ですが、スタッフ自身も信頼されるようにならなければなりません。

ハウスクリーニングの仕事は、スタッフの身だしなみや言動などもシビアにお客様は判断しています。

ハウスクリーニングが人気のワケ

ハウスクリーニングと聞くと、ちょっと前までは、お手伝いさんを雇っているような富裕層向けのサービスというイメージが強く、贅沢なものと思われていましたが、今は、共働きが増えてきていて、休日の日を掃除にかける時間がない為に、ハウスクリーニングを頼む若者が増えてきました。

また、現代は、高齢化が進んできています。高齢者にとって自宅を隅から隅まで綺麗にする事はかなりの労力が必要です。

一歩間違えれば怪我につながってしまう為に、ハウスクリーニングを利用する高齢者が増加しています。

また、高校を卒業すると実家を離れて、一人暮らしを始める若者が増えてきています。

アパートなどの賃貸物件は増えてきています。ハウスクリーニングは、賃貸物件を退去した時など不可欠なものになりつつあるので、これからますます需要が高まる職種になります。

自分の努力でもいくらでも技術を高める事もできる職種と言えます。