ハウスクリーニングでゴミ屋敷を一掃するには

ハウスクリーニングでゴミ屋敷を一掃するには

メディアなどで、最近よく取り上げられるのがゴミ屋敷の問題です。

ゴミ屋敷は、不要なものやゴミなどで埋め尽くされた不衛生な環境になっているので、近隣トラブルになるケースが多くなっています。

ハウスクリーニングでゴミ屋敷を一掃するにはどうするのか。

ゴミ屋敷の被害とは

ゴミ屋敷の問題は深刻化していて、社会問題の一つになっています。しかし、所有者にとって、ゴミではない為に、他者が勝手にゴミ屋敷をハウスクリーニングを利用して、掃除することが難しくなっています。

また、片付けられない女性や男性も増えてきています。ゴミの山に埋もれて、床が見えない状態の中で生活している為に、部屋中にホコリやカビが蓄積して、悪臭が充満してしまいます。

その為にゴミ屋敷が原因で健康被害が起きてしまっている人がいます。

部屋を片付けられないのは、面倒くさいがり屋などの性格の問題だけではなく、ADHDという病気が関係している時がある事が分かってきています。

また、ゴミ屋敷は悪臭などの衛生面だけではなく、溜まったゴミが原因で火災を引き起こしてしまう事があります。

ハウスクリーニングを利用してゴミ屋敷を一掃する事によって、いろいろな問題が解決できます。

ゴミ屋敷のハウスクリーニングによる清掃手順

空き家になっている遠方の実家が、ずっと放置状態で、庭は荒れ放題、家の中もゴミ屋敷になってしまっている事が多いです。

ハウスクリーニングでは、荒れてしまった庭の草刈から倉庫などの片付け、ゴミ屋敷の清掃を行っています。

ゴミ屋敷は、玄関を開けた途端に、ペットポトルや食べ物のカスなと、何かなんだが分からないゴミで床を覆ってしまっています。

トイレは詰まっていて、汚物がそのままだったり、お風呂も水アカや詰め替え容器だらけでカビに覆われていたり、リビングはたべカスや油汚れ、人の身長くらいのゴミに覆われています。

ゴミ屋敷をハウスクリーニングで、清掃する時に、下見をして、作業プランと見積書をきちんと提示します。

①生活ゴミと処分する物と必要な物に分別して行きます。(残したいものが、汚れてしまってどうする事もできない場合は処分します)

②玄関から順にゴミを回収して行きます。ゴキブリの数も凄いですが、殺虫剤を使ってしまうと、隠れているゴキブリが全て動き出してしまう為に、全てのゴミの回収が完了するまで、殺虫剤のような薬剤は使用しません。

③ゴミの回収や分別が全て完了したら、家具類など移動出来るものを移動します。その後床のクリーニングを開始します。

④床や畳も塩素水などで拭き掃除していき、壁もプロ用の洗剤を利用して汚れを取っていきます。

破れた壁紙などは補修をして、綺麗に仕上げていきます。ゴミ屋敷のハウスクリーニングでは、室内を塩素消毒と害虫駆除の薬剤を散布して、綺麗に消毒をします。

⑤水回りの排水口も完全に詰まっている状態で、浴槽からも悪臭が漂っている場合は、専用の工具で排水口の詰まりを取り除いてから、浴槽の皮脂汚れを磨いていき入れるようにします。

⑥窓や換気扇なども綺麗にしていきます。

ゴミ屋敷になってしまうとハウスクリーニングの作業を1日で終わす事は不可能です。

賃貸のアパートなどの場合は、退去時にハウスクリーニングを行いますが、原状回復費として、敷金だけでは足りなく、追加料金を支払わなければならないケースが多いです。