ハウスクリーニングを行う期間はどのくらい

ハウスクリーニングを行う期間はどのくらい

1度プロのハウスクリーニングを行った後は、どのくらいの期間で、また、ハウスクリーニングを行えばいいのか悩んでしまいます。

定期クリーニングもあるようですが、1番良いタイミンクとはどのような期間なのか徹底解明します。、

ハウスクリーニングの周期はあるのか

場所や使う人数などによって、汚れ方は違います。

クリーニングをした後の主な期間の目安

エアコン・・・2年後

エアコンのクリーニングは前面のフィルターの掃除と内部の掃除に分ける事ができます。

前面のフィルターは、自分で清掃をやる事ができます。慣れてくれば30分前後で清掃出来るので、2週間に1回セルフクリーニングをするようにします。

エアコンを使用している時間や部屋の汚れなども関係しますが、2週間に1回セルフクリーニングをする事で、2年に1回のエアコンクリーニングが適切と言えます。

レンジフード・・1年後

レンジフードは1年使うものです。ハウスクリーニングを行ってから、次のハウスクリーニングを行う期間は、一年後を目安にします。

しかし、揚げ物など、週に何回も油を使った料理をする人で、換気扇を回しても、家中に料理のにおいが広がって、レンジフードを回しても、何時間も匂いが抜けない時は、レンジフードに、油汚れが溜まっているサインです。

期間に関係なくハウスクリーニングを行う事で、レンジフードの寿命を伸ばせます。

レンジフードなどの依頼は、12月やGWに多くなるといいます。繁盛期を避けて依頼する予定を立てるようにします。

水周り・・・1年後

浴室やトイレなども毎日使用する場所なので、ハウスクリーニングの次のタイミングが分かりづらいです。

水垢や黒カビや尿石などは、水周りの特有の汚れで、蓄積してしまうとなかなか取れにくくなってしまいます。

1週間に1度は定期的に、掃除をしていても、水回りの汚れは頑固なものが多く、少しずつ蓄積してしまいます。

油汚れや湯アカや石けんカスなどの頑固な汚れになる前に、年に1度は、汚れの特性に合わせたハウスクリーニングを頼むようにします。

ハウスクリーニングを頼むベストな時期

ハウスクリーニングを頼むタイミンクの時期として一番多いのは年末です。一年の汚れをきれいに落として新年を迎えたいと考える人は多いので年末にハウスクリーニングを行う人は多いです。

次は、2月後半から4月前半の引っ越しシーズンでハウスクリーニングを利用する人が多いです。ハウスクリーニングでは、12月と2月後半~4月前半までの時期は繁盛期と言えます。

このタイミングで予約を入れても自分の思い通りの日程で予約が取れない事がほとんどです。

ハウスクリーニングを行って、次のハウスクリーニングまでの期間を考えた場合は、ハウスクリーニングの繁盛期である時期は避けるようにします。

少し暖かくなり始めた5月頃や、9月~10月頃は、業者も時間の余裕があります。自分の都合の良い日程や時間で予約が取りやすいです。

また、お掃除のポイントは臭いです。エアコンから嫌な臭いがしてきたり、トイレの臭いが気になりだしたり、臭いが気になりだしたらハウスクリーニングを頼むタイミンクと言えます。

1年でも2年でも定期的に契約をしておいて、頼むのもひとつの手です。