ハウスクリーニングのように掃除をするコツとは

ハウスクリーニングのように掃除をするコツとは

ハウスクリーニングの金額などが気になって、なかなかハウスクリーニングを行う事ができない人は多いです。

ハウスクリーニングスタッフのように、清掃のハコツを覚えて、少しでもハウスクリーニングの経費を浮かす事ができます。

ひどい油汚れもハウスクリーニングの技で簡単に落とすコツ

年末の大掃除で、特に大変なのが、換気扇などのベタベタの油汚れです。気になってしまいますが、なかなか思うように綺麗にはなりません。

換気扇などの油汚れを落とすには、本来は冬よりも夏の方が向いています。気温が低いと油汚れは固まってしまうので、除去するのに時間がかかってしまいます。

冬に、換気扇を綺麗にする時は、お湯を使う事が第1のポイントです。

また、ほとんどの洗剤を塗布してから、一定時間置いた方が、洗剤と汚れが反応して落ちやすくなります。

洗剤がしっかり反応するまで待った方が時間短縮に繋がり、汚れも落ちます。

レンジフードを清掃する前に、下のコンロに新聞をかけて、汚れ防止や部品の落下に備えます。

換気扇のファンは手で外せますが、外すコツとして、ファンを止めている真ん中のネジは通常の逆方向で緩むようになっていることを覚えて置かなければなりません。

外したフィルター等は、大きめのビニール袋に入れて、45度から50度のお湯をフィルターが浸るくらい入れます。

重曹などの洗剤を入れて、15分から20分浸け置きしておくと、油汚れが浮き上がってきます。

浮き上がってきた汚れを古歯ブラシやスポンジを使って擦っていきます。古歯ブラシの毛先を半分程度カットして使用すると使いやすく、汚れが取れやすいです。

ファンに付いている「バランサー」という部品をを動かしてしまうと、ぬ見立てた時に、きちんと回らなくなってしまうので、動かさないように洗うのがコツと言えます。

ハウスクリーニングでは、業務用の洗剤を使って、お湯に付けておきますが、業務用ヒーターを使って40~50℃をキープします。

その後、業務用の高温スチーム洗浄機を使って、汚れを落としていきます。

ハウスクリーニングを安くするコツは

ハウスクリーニングを安くあげるコツは、ハウスクリーニングで行っているのサービスの個別とセットをうまく使い分ける事です。

シャワーや流し台の排水溝は、すぐにゴミがたまり易い場所ですゴミが溜まったら、すぐに排水溝のゴミを拾うようにすると、気になるぬめりも酷くなることはありません。

トイレは使う度に、便器をブラシでこすったり、流せるシートで便座を拭いたりするとだけで、清潔感を保つ事ができます。トイレは短い時間で毎日掃除するように習慣付ける事が大切です。

ゴミが溜まってからやろうと思っていると、気が付いたときには、頑固な汚れになってしまいます。

頑固な汚れになってしまうと、掃除をするのが億劫になり、汚れたそのままになってしまいます。

汚れが目についたときにすぐに綺麗にするように心がける癖をつけます。

ハウスクリーニングには、自分ではなかなか落とせない、換気扇やレンジフードなどの油汚れや内部を分解するのが難しいエアコンや洗濯機や浴槽などをお願いして、自分で出来るものは自分で、毎日コツコツやることようにします。