台所の掃除方法

台所の掃除方法

1.コンロ周り

台所のコンロ周りの掃除は、基本的に毎日行うことが鉄則になっています。油汚れや焦げ付きは、時間がたてばたつほど落としにくくなり、そうなればなるほど掃除が大変になるからです。コンロ周りの掃除をするときに有効な洗剤はマジックリンです。マジックリンはとても強力で、洗浄力が強いので、頑固な汚れも瞬く間に落とすことができます。また、コンロ周りを掃除するときはボロ布や雑巾を用意しておきましょう。それにマジックリンをスプレーして汚れをふき取ります。それを繰り返し、汚れが無くなりきれいになるまでやります。きれいになったらきれいな布でからぶきして終わりです。五徳も、マジックリンと金だわしがあればきれいにできます。まず、全体にまんべんなくスプレーを吹きかけます。そのあと金だわしでゴシゴシこすって水で流せばきれいになります。しつこく落ちにくい汚れは、スプレーを吹きかけた後に5分ほど放置してからゴシゴシすると落とすことができます。またコンロ周りを掃除するときは、マジックリン以外にも重層スプレーを使って掃除することもできます。しかし重層スプレーを使って掃除すると、乾いた後に白い跡が残っていることがあるので注意して使いましょう。

2.シンク・水周り

台所のシンクをきれいな状態で保つには毎日掃除を行うことをオススメします。洗い物をした後シンクの周りには、油汚れや食べかす、茶渋などがつきます。これらを放置してそのままにしておくと、茶色く変色してしまい落としにくくなってしまいます。そのため、食器を洗った後についでにシンクの汚れも毎日落とす習慣をつけましょう。シンクを洗う時は、アクリルたわしを用意しましょう。アクリルたわし一つあればシンクは結構きれいになります。水を付けてゴシゴシこするとみるみる汚れが落ちます。また、メラミンスポンジに水を付けてこするという方法もあります。もし汚れが頑固で、それでも落ちないという場合には、重層とクエン酸を使ってみる方法もあります。まず、シンクに重層を適量ふりかけます。その上からクエン酸を適量ふりかけます。そしたら酸性とアルカリ性が反応して泡が立ちます。その状態になったら、メラミンスポンジを使ってゴシゴシ磨くときれいになります。磨き終わったらきれいに水で流して修了です。そのほか、レモンの皮やジャガイモの皮も使って磨くことができます。レモンの皮にはクエン酸が含まれています。もし料理でレモンを使ったときはそのまま捨てずにシンクを磨くのに使ってみるのもいいと思います。じゃがいもの皮にはサポニンという成分が入っていて、それが洗剤と同じ働きをしてくれます。