サビ取り消しゴムってどう使うの!? 包丁や蛇口のサビも激落ち!

サビ取り消しゴムってどう使うの!? 包丁や蛇口のサビも激落ち!

サビ取り消しゴム

コンロやレンジ、工具品などに生じることが多いサビを落とすことができるとして、近年注目されているのが、サビ取り消しゴムです。価格が安く設定されており、化学薬品を使うことなく、サビを落とすことができるサビ取り消しゴムは、安心して使うことができる商品として、高い人気を得ています。文字を消す際に使用する消しゴムのように、軽くこするだけで簡単にサビを消すことができる、サビ取り消しゴムの魅力に迫りましょう。

商品情報

材質 合成ゴム、研磨剤

サイズ 40mm×20mm×60mm

販売価格 699円(税込)

サビ取り消しゴムの使い方

自転車や工具など、サビが発生してしまう箇所はたくさんあるのですが、サビを落とすことは、とても困難なことだと思われてきました。強くこすってしまいますと、サビがついていない場所にも傷をつけてしまう危険性がありますし、サビ独特の嫌な匂いが体についてしまうこともありました。

サビほど掃除の際に難敵となる汚れは無かったので、今までであれば専門の業者に依頼して、高い料金を払ってサビを落とすことが一般的でした。しかし、シードが開発した、サビ取り消しゴムを使うことで、誰でも簡単にサビを落とすことができるようになりました。

シードが開発したサビ取り消しゴムは、サビの上から消しゴムで消すように、軽くこするだけで、サビを落とすことが可能となった、素晴らしい発明品といえるでしょう。サビを落とすときは、水を少しつけてから始めることにより、目づまりを防ぐ効果を期待することができますので、必ず水を含ませてからこするようにしましょう。

サビをゴシゴシとこすって落とした後は、必ず水気をしっかりと拭き取るように心がけましょう。水気を残したまま、作業を終了してしまいますと、新たなサビが発生してしまう原因になってしまいます。せっかくサビを落としたのに、新しくサビが生まれる環境を作り出してしまっては、意味がありません。最後は、布などでしっかりと拭き取るようにしましょう。

サビ取り消しゴムを活用して、サビをきれいに落とすことができるようになるのですが、素材や状態によっては、サビ取り消しゴムの効果を期待することができない場合がありますので、注意が必要です。

新品の製品やガラス、大理石などには、サビ取り消しゴムを使用してサビを落とすことはできませんので、気をつけましょう。また、サビの状態が激しいものに対しても、使うことはできませんので、使用する前に必ず注意書きを読みましょう。

まとめ

サビを落とす際に強力な力を発揮してくれる、サビ取り消しゴムですが、本体の形は、しっかりと考えられて作られています。先端部分が斜めカット状態になっていますので、細かい部分に対して、ピンポイントでこすることができるように作られています。

また、幅が広い部分へも対応できるように、幅広タイプの設計となっています。自分の使用したい場所に合わせて削る場所を変えることができますので、効率よくサビを落としていくことができるでしょう。

インターネットショッピングサイトで扱われることも覆いサビ取り消しゴムですが、通販サイトによっては、購入しながらポイントを貯めることができるようになっていますので、サビ取り消しゴムを購入しながらポイントを貯めることができるので、まさに一石二鳥です。