ストレスなく掃除しよう!高い場所や手が届かない場所のお掃除をらくらくに!楽絞りワイパーハンディでお掃除!

ストレスなく掃除しよう!高い場所や手が届かない場所のお掃除をらくらくに!楽絞りワイパーハンディでお掃除!

楽絞りワイパーハンディ

花粉やホコリ、黄砂などによって窓は、汚れてしまいます。水で絞ったふきんを使用すると、椅子に登ったとしても、高い部分の掃除はやりにくいため、イライラを募らせてしまう人が多いでしょう。窓掃除を、効率的に進めることができる楽絞りワイパーハンディを購入することによって、高い箇所であっても、椅子を出すことなくすぐに掃除することができるでしょう。

楽絞りワイパーハンディは、マイクロファイバーと、ブラシ繊維の2つの力によって、窓や網戸をきれいに掃除することが可能です。洗浄液を準備しなくても、きれいに汚れを落とすことができますので、コストのかからない新しい掃除グッズとして注目されています。水切りゴムが付属していますので、きれいに仕上げることができるでしょう。

商品の基本情報

ヘッドの素材 ポリプロピレン

モップの素材 ポリエステル・ナイロン ゴムヘラ

柄の素材 アルミ

拭き幅のサイズ 約19cm

全長サイズ 約81cm

原産国 中国

本体重量 190g

販売価格 751円(税込)

楽絞りワイパーハンディの使い方

楽絞りワイパーハンディを使用して、窓ガラスや網戸の汚れをしっかり落とすことができるのですが、正しい使用方法を理解し、使うことによって、効率よく掃除を進めることができるでしょう。

楽絞りワイパーハンディを取り出したら、まずモップ部分に水を付け、しっかりと絞りましょう。その際、絞りが甘いと、水がだらだらとたれてしまいますので、注意が必要です。水を含ませ、しっかりと絞ったらガラスや網戸面のこすり洗いをしましょう。網戸洗いをする時に、力を入れすぎてしまいますと、網戸が敗れてしまうこともありますので、気をつけましょう。

ガラスをきれいに洗浄したら、水きりゴム部分をガラスに押し付け、上からゆっくりと水切りをしていきましょう。水切りの際は、途中で楽絞りワイパーハンディをガラス部分から話してしまいますと、水切りをきれいに終えることができませんので、必ず下まで水切りしてから離しましょう。

水切りを終えたら、毎回ゴム部分に付着した汚れを、ふきん等でふき取るようにしなければいけません。汚れを拭き取らないまま、使用してしまいますと、せっかく落とした汚れを再び窓ガラスに付着させてしまうことになりますので、注意が必要です。

まとめ

窓ガラスや、網戸に付着したホコリや汚れを落とし、きれいな状態を取り戻すことができる、楽絞りワイパーハンディは、とても魅力的な商品です。繊維それぞれが多角形構造でできていますので、洗剤を使うことなく、簡単に汚れを落とすことが可能です。

水きり用のゴムも付属していますので、今までは濡れたふきんと、乾拭き用のふきんを用意して掃除していた人でも、楽絞りワイパーハンディ1本あるだけで、無駄な準備をする必要がありませんので、掃除する人の負担を、最小限に抑えることができるでしょう。

楽絞りワイパーハンディは、絞りレバーを使用して無駄な水分を飛ばすことができるように設計されていますので、自分の手を汚すことなく、簡単に掃除の準備をすることができるでしょう。

販売価格も安いので、自分の財布と相談することなく、気軽に入手することができるのも、楽絞りワイパーハンディの大きなメリットです。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA