ハウスクリーニング技能士取得のための勉強法

ハウスクリーニング技能士取得のための勉強法

ハウスクリーニングの利用者が増え、ハウスクリーニングの需要が増えています。利用者により良いイメージを持たせ安心して依頼してもらうために、『ハウスクリーニング技能士』の資格が注目されています。ハウスクリーニング技能士を取得しようと考えいる人も増えていますが、具体的にどのような勉強をすればいいのかわからない、という人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、ハウスクリーニング技能士取得のためにやっておきたい勉強法を紹介します。

ハウスクリーニング技能士とは

まずはハウスクリーニング技能士がどのような資格なのかを知るところから始めましょう。ハウスクリーニング技能士とは、公益社団法人ハウスクリーニング協会が実施している検定試験で、平成24年に国家資格として認定された比較的新しい資格です。学科試験と実技試験の2つを受験し、正解率はどちらも60%以上で合格、両方の試験に合格してハウスクリーニング技能士を名乗ることができます。試験は1年に1度実施されます。

学科試験は過去問題を中心に勉強

ハウスクリーニング技能士の学科試験は、全50問がマークシート方式で出題されます。答えは5つの中から1つを選ぶ形で、出題内容は住環境についてや換気について、ホルムアルデヒドや温熱環境まで幅広い範囲から出題されます。学科試験のないように関しては、公益社団法人ハウスクリーニング協会のホームページ上で過去問題が掲載されており、誰でも自由に閲覧することができます。過去問題は過去3年ほどの問題が掲載されているので、勉強の参考にするといいでしょう。

実技試験の勉強法は

実技試験では、全部で7つの課題が出題されます。7つの課題にはそれぞれ得点が設定されており、どれかひとつでも60%以上の得点が獲得できない場合、不合格となってしまいます。7つの課題に関しては、レンジフードの洗浄・ウール素材のダイニングチェアのクリーニング・ステンレスの油汚れ落とし・五徳の汚れ落とし・ビニルクロスの汚れ落とし・磁器タイルの汚れ落とし・フローリング床の傷の補修です。「始め」の合図でスタートし「終わりました」の申告で作業終了となるなど、実技試験の細かいルールがあるのでそういった点もしっかり確認しておくといいでしょう。それぞれの課題には標準時間が設定されているので、実際に取り組んでみて時間内で終わらせることを目標に勉強することをおすすめします。

通信訓練で勉強する方法も

ハウスクリーニング技能士の取得を考えているけど、なかなか自分では思うように勉強できないという人もいるかもしれません。そんな人におすすめなのが、公益社団法人ハウスクリーニング協会が実施している通信訓練で勉強するという方法です。1年間の通信訓練を受けたあと終了時試験に合格し、全課程を修了するとハウスクリーニング技能士の学科試験が免除になるという特典もあります。通信訓練は誰でも受けられるわけではなく、ハウスクリーニング業務で2年以上の実務経験があり、かつ事業主の推薦を受けているということが条件となります。通信訓練では学科の受講が中心で、実技に関しては行っていないので注意が必要です。訓練終了前には東京で面接も予定されています。