家の中で発生するカビと対策

家の中で発生するカビと対策

家の中にカビが発生するととても厄介です。そのため、具体的にカビが発生や環境、またカビが発生した場合どうすれば良いのかをまとめました。

・カビが発生する原因・環境

カビには発生しやすい原因・環境があります。その条件が整ってしまうとどんどん増殖します。それは、じめじめした湿気(湿度70%以上)と、ホコリ・人のアカなホコどの「汚れ」「気温が25度から30度」などです。しかも最近は「加湿器」の使い過ぎによる「半ば人工的な発生」も起こりうるのでそれも注意しなければなりません。特に梅雨の前後の時期になるとエアコン(クーラー)を稼働し始める時期なので、吹きだす風がカビ臭く匂う時は要注意・用洗浄です。カビは胞子を空気中にまき散らします。例えばエアコン内部が汚れていると、カビが発生し、そこから吹き出す風を吸い込むとアレルギーやアトピー等の病気の原因にもなります。また、結露しやすい窓際の木部がカビて腐り、建材が劣化、白アリ発生などたくさんの害があります。そのため、私たちが快適に生きるためには対策が必要です。

・場所別カビ予防・対策

1、浴室

水気を取ることが一番大事です。風呂上りにバスタオルで手の届く壁面、ドア内面を拭き取る。また、壁の上部や天井などは,柄のついたモップで拭き取るか,またはゴムスクイジーなどでシャット一気に水気をきる。壁面などのタイルの目地には要注意です。つるつるしたタイル面とは違い、目地部分は凹凸部分があるので、湯垢や人の垢がとどまりやすいのです。

2、キッチン

流しから跳ねた水や汁が壁タイルや防水コーティングにつき、それがカビの原因になります。飛び散った水や汁は、面倒でもしっかりとフキンで拭くことが大事です。ゴムパッキンのしつこいカビはカビ取りジェルでとれます。掃除後は消毒用アルコールで拭きあげるとカビ予防効果を期待できます。