風水で良い運気を引き寄せる!窓掃除はしっかりと

風水で良い運気を引き寄せる!窓掃除はしっかりと

窓は運気の出入り口

窓は、運気が出たり入ったりする場所なので、大きいと良いと言われています。お金持ちの人の言えの窓が壁全体ほど大きいのにも、人によりけりですが風水的にはかなり良いのです。そのためお金の入りも多くなります。絵画も窓と同じような効果があるため窓のない部屋には絵画を置くということをしている方もいるほど、窓とはかなり重要なものなのです。
そんな重要な立ち位置にいる窓が曇っていたり、指紋が付いていたりしたら、運気はどうなるでしょうか。もちろん良い運気なんて入らないですし、悪い運気が出ていきづらくなるため部屋にこもってしまいます。

運気を上げるポイント

・窓はもちろん、その周りのものの手入れも怠らない
窓の手入れはとても大切ですが、網戸やカーテンの手入れもしっかりと行いましょう。
窓が綺麗でも、網戸にほこりなどがあったり、カーテンも日を浴びたことによって色落ちしていたりすれば、せっかくの良い運気も逃げてしまいます。

・遮光カーテンは避ける
太陽の光や明るさというのは、風水ではとても大切なものとなります。そのため、窓は光を入れるためにとても重要な物とされているのです。
遮光カーテンは、その大切な光、明るさを遮断してしまうものなので、あまり風水では良いとされていません。西日が強すぎるなどで遮光カーテンを必須とする場合は、レースのカーテンなどをつけて、なるべくそれで対応しておくといいでしょう。

・窓の前にごちゃごちゃ物を置かない
せっかく良い運気が入ってくる窓の周りに、ごちゃごちゃと物が置いてあっては流れを遮断しているようなものです。窓の隅に本や洋服を山積みにしていないでしょうか。
もしもそこにしか置けないとすれば、ごちゃごちゃと置くのではなく、棚など整理できるものに収納しましょう。見た目ですっきりさせることで、運気も入りやすくなります。

風水で見る窓掃除のポイントは?

窓を磨くときのポイントですが、まず外側から磨くことをおすすめします。内側よりも、外の方が汚れやすいため、目立った汚れを最初に落とすことが出来ます。そのあと内側に戻って拭けば、効率よく綺麗に拭けるでしょう。外の汚れが頑固な場合は、クリームクレンザーやガラス専用の洗剤を使って丁寧に拭いてください。ただし、洗剤が乾いてしまうと洗剤が取れづらくなってしまうので、洗剤を使った場合にはすぐにふき取るようにしましょう。もっと綺麗に磨きたいという場合は、ガラスに洗剤のスプレーを撒くときにそのまま撒くのを止めてみてください。そのままだと液だれの後になる原因になってしまうため、一度雑巾などに吹きかけた後にガラスを優しく拭いていきます。
また、雑巾だと拭き残しや水の跡など残ってしまいやすいので、その場合は新聞紙を濡らして磨くのもおすすめです。しかし、最近ではお手頃な価格でマイクロファイバー製クロスなども販売しています。拭き上げもしやすいものが多く出回っているので、自分のやりやすいと思うものを選びましょう。
そして、窓の淵、ゴム部分はカビなどが生えやすくなっているので、クリームクレンザーなどを使い古しの歯ブラシなどを使用し優しく磨くようにしましょう。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA