風水でストーブが汚いと人間関係が悪化しやすくなる

風水でストーブが汚いと人間関係が悪化しやすくなる

ストーブは人間関係に関する運気を左右する

ストーブは、冬場になくてはならない必需品です。風水でも、火のエネルギーを強く持つアイテムとされています。そのため、扱いには少し気をつけておく必要があります。
特に人間関係に関する運気が変わってくるので、最近友人と些細なことで喧嘩してしまった、仕事仲間と意見が食い違ってしまうなどということがある場合、自分の家のストーブを見てみてください。
運気を上げるポイントを押さえておくのはもちろん、きちんと掃除をして綺麗な状態を保つようにしましょう。

運気を上げるポイント

・使う季節が終わったら収納する
運気は季節にも敏感なものです。そこで、ストーブを使う季節が過ぎたのにそのまま放置されていると、運気に乱れが生じてしまいます。運気が乱れると、物事が上手くいかなかったり、体調が優れなかったりと様々な支障がきたされます。
そのため、使用する季節が終わったら見えない場所に仕舞う必要があります。万が一しまう場所がないときは、箱に仕舞って布などをかけて見えないようにしておくと良いでしょう。

・家の中心に置かない
ストーブは火のエネルギーを持ったアイテムです。
そういったアイテムを家の中心、ましてやリビングの中心に置くと、家族運が悪くなると考えられています。火は運気を燃やすとも考えられているので、注意が必要です。リビングに置いてはいけないというわけではないので、中心に置くことだけ避けましょう。
ただし、部屋の構造上どうしても中心にしか置けないという場合は、観葉植物を近くにおくことで緩和されます。

・置く位置は南東か北西の方角がベスト
ストーブを置くのに特に良い方角は、南東か北西の方角です。なぜなら、南東の方角は火のエネルギーに関係する方角で、北西の方角は、火のエネルギーと相性の良い方角だからです。
ちなみにこれは、焚き火や焼却炉などにも言えることです。

風水で見るストーブのお掃除ポイントは?

基本的にストーブで掃除できるところは見えるところくらいになってしまいます。しかし、見えるところを掃除するだけでも十分効果は出ます。ただし、あまりにも汚れが奥まで行っている場合は、業者さんにお願いしましょう。
そうならないためにも、基本的な拭き掃除はしっかりと行いましょう。最初の準備として、電源コードを抜いたり、電源をオフになっていることを確認し、ストーブが熱を持っていないかの必ず見てください。大丈夫なようならば、基本的にはぬるま湯を使って掃除し、最後に乾拭きをします。ゴム手袋をして行うことをおすすめします。あまりにも汚れがひどい時は、ぬるま湯に食器用洗剤を少し混ぜると取れやすくなります。しかし、食器用洗剤を使用したら、後でさらに水拭き、乾拭きも行ってください。細かい部分の汚れは、歯ブラシでほこり等を掻き出すと良いでしょう。ストーブの後ろのフィルターなどは、綿棒を使うと取れやすくなります。
ちなみに、ストーブをしまう時には綺麗にして仕舞うのはもちろんですが、石油ストーブの場合は石油タンクがゼロになってから仕舞ってください。石油が残ったままだと、故障の原因になるのはもちろん、悪い運気を呼び寄せてしまう原因になってしまいます。