風水で車庫の臭いや物は注意!綺麗に使って運気を循環させよう

風水で車庫の臭いや物は注意!綺麗に使って運気を循環させよう

臭いなど車庫には注意が必要

車庫はどうしても空気がこもりがちです。悪臭は、風水にとっては良いとされないので、定期的な換気も必要となります。扉の閉まらない開放的な車庫だったとしても、車の臭いなども関わってくるので、気を付けるようにしましょう。
他にも、風水で車庫は意外と設置にポイントのあるものです。車を持っている方は、運気を上げるポイントにも注目しておきましょう。もちろん、お掃除も大切なのでしっかりと清潔な車庫を保つようにしてください。

運気を上げるポイント

・北と北東の方角は避ける
車庫を作るとすれば、北と北東の方角は避けて作りましょう。また、家の中心になるところに車を置くのもあまりよくないので、それ以外の場所に作るようにしましょう。

・家と車庫は離すのがベスト!
家の中に車庫があるところが多いですが、家と車庫は話して設置するのがおすすめです。確かに、家の一部にあるのは便利かもしれませんが、風水では人間関係の運気を低下させてしまうため避けることをおすすめしています。
そこで、カーポートの設置なども良いでしょう。カーポートとは、柱に屋根の付いている簡単な車庫になります。そのため、大掛かりな工事もないですし、気軽に家と車庫を離すことが出来ます。

・車庫を物置にしない
家に車庫がある場合のデメリットとして、物置代わりにしてしまうというのも挙げられます。物置は、基本的に必要のないものをしまっておく場所、見えないようにしておく場所ですが、車庫だとそのまま置きっぱなしにしてしまう場合がほとんどです。見た目的にもごちゃごちゃとしてしまうため、運気は下がりやすくなるのです。
もともとから車庫は運気は良い方ではないので、それ以上下がらないように、物を置くのはやめてください。ちなみに、玄関に物を置くのも風水では良いとしないので、物が多い場合は物置を設置することをおすすめします。

風水で見る車庫のお掃除ポイントは?

車庫は、タイヤについた砂や、外からの砂埃で汚れやすくなります。そこで、一番良いのは掃き掃除です。車を出して、ほうきで綺麗に出しましょう。また、掃除する日は雨の日や風の強い日を避けたほうがおすすめです。雨の日だと、砂埃が出づらく、あまり綺麗に掃けません。また、風の強い日だと、逆に砂埃が車庫内に入ってしまう可能性があります。
掃き終わったら、新聞紙をちぎって、水を含ませて床に落とします。それを車庫内に点々と置き、最後新聞紙ごと掃いて終了です。濡れた新聞紙が細かいゴミまで取ってくれます。また、掃除が終わってからしばらく車庫は閉めずにおきましょう。湿気が溜まってカビの原因にならないよう注意して下さい。
カーポートのように、部屋ではなく屋根のみの場合は、水洗いがおすすめです。しかし、水を多く使うため隣の家などに迷惑が掛かってしまう場合があるので、お掃除の前にあいさつしておくのが良いでしょう。水洗いした後スポンジで軽く擦ります。汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めて洗うのも良いでしょう。カーポートなどの屋根はそこまで頑丈ではないため、力をかけすぎると屋根が壊れたり、ケガの原因になってしまうので注意してください。それでも屋根の汚れが落ちない場合は、屋根だけ交換も考えましょう。屋根の汚れも、風水では悪い運気を引き寄せるものになってしまいます。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA