風水で良い運気を取り入れたいならヘアブラシのお手入れは必須!

風水で良い運気を取り入れたいならヘアブラシのお手入れは必須!

ヘアブラシは体から厄を出してくれる

ヘアブラシは名前の通り、髪をとかすものです。そのため、髪を綺麗にして、さらに不要な髪なども出してくれる役割があります。風水では、ヘアブラシとは体のいらない運気を出してくれるものとされているので、意外と大切なアイテムなのです。
ヘアブラシ自体は小さいものなので、あまり重要に考えていないかもしれませんが、風水で言えば注目すべきものになります。今回は、ヘアブラシに着目した運気を上げる方法と、そのお手入れ方法についてご紹介します。

運気を上げるポイント

・ヘアブラシは頻繁に新調する
最近のヘアブラシは頑丈なので、なかなか壊れるということはないでしょう。
しかし、ヘアブラシは身体から悪い運気を出してくれる反面、それがヘアブラシにくっついてしまいます。ヘアブラシのお手入れである程度は取れるものの、あまり長く使用していると見えなくとも悪い運気が取れづらくなってしまうのです。

・使ったら仕舞う
ヘアブラシは主に洗面台で使うことが多いと思います。洗面台は美容運が左右される場所で、洗面台が汚れていたり、物が出たままになっていると、それは自分自身の美容運を下げているようなものなのです。
もしも、ヘアブラシを使用する場所が洗面台でないとしても、基本的に外見を整えるものなのでしっかりと片付けておく必要はあります。

・髪の毛が絡まっているものはNG
抜けた髪の毛は、もういらなくなったものになってしまうので、その時から悪い運気を引き寄せるもの変わります。ヘアブラシはそれを出してくれているアイテムなのですが、悪い運気を引き寄せるものが、すでにヘアブラシに絡まっていたらどうでしょうか。
自分の周りの運気を下げてしまう行為になるので、極力ヘアブラシに髪の毛が絡んでいたら取るようにしましょう。

風水で見るヘアブラシのお手入れポイントは?

メーカーによっては下記のお手入れと違うことが書いてある場合があるので、その場合はメーカーの指示に従ってお手入れをしてください。

・ナイロン製の場合
最近多いナイロン製ですが、風水的にはあまりパワーもないのでそこまでおすすめはしていません。しかし、汚れていてはかなり運気を下げてしまうのでしっかりお手入れをしましょう。
まず、手で取れる髪の毛は取ります。その後、バケツにシャンプーを入れて泡立て、ヘアブラシを付けます。3時間程つけたらぬるま湯で洗い流し、タオルで拭いて自然乾燥させましょう。乾燥が甘いと、カビの発生にもつながるので、長めに自然乾燥させるのがポイントです。

・木製の場合
ナイロン製の場合とほとんど同じですが、毛が細い場合は最初毛を取るときに歯ブラシなどを使うと取れやすくなります。

・動物の毛で出来ている場合
毛の取り方は、木製の場合と同じです。細かく取りきれないところは爪楊枝などを使用するのも良いでしょう。他のヘアブラシと違うことは、動物の毛の場合はシャンプーなど洗剤の使用をしないことです。もしも洗いたい場合は、ぬるま湯に浸けておく程度にしましょう。
また、浸け終わったあとはタオルで拭くのではなく、手でぱっぱっと水きりして、ブラシ部分を下にして乾かしてください。

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA